基本的なドライビングを楽しめるFR(フロントエンジン・リアドライブ)

FFとは、フロントエンジン・フロントドライブの略、つまりフロントのボンネットの中にエンジンを搭載し、前輪を駆動させて動く車のことを言い、FRとは、フロントエンジン・リアドライブの略で、つまりフロントのボンネットの中にエンジンが搭載される点ではFFと同じですが、後輪を駆動させて動きます。

 

 

一般に小型車に前輪駆動が多く、大型車やスポーツカーには後輪駆動が多いという特徴があります。

 

その理由を説明すると、前輪駆動車の場合は操舵と駆動の両方を同じ前輪になるのに対して、後輪駆動の場合は、前輪は操舵、後輪は駆動とタイヤの役割を分けることができます。

 

 

このことはドライブする点で非常に大きなメリットがあります。

 

たとえば、タイヤの性能に余裕が生まれるので、よりハイパワーのある大型エンジンを搭載しやすくなります。

 

また、ハンドリングが非常に素直で、クイックな動きにもついていくことができるようになり、カーブでは後輪を滑らせて走るようなドリフト走行なども得意です。

 

このために、スポーツカーには後輪駆動車が多いのです。しかし、雪の多い地域では後輪が滑って運転が難しくなったり、コストが割高になるために、価格を抑えた小型車などは基本的に前輪駆動を選択する場合が多くなります。