‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

FR(フロントエンジン・フロントドライブ)の特徴

2014/06/29

FR(後輪駆動)とは車体の前部にエンジンを置き、駆動する車輪は後輪という駆動方式の物を言います。逆にエンジン、駆動輪全てが車体前部に来ているものをFF(前輪駆動)と言います。

 
後輪駆動の特徴として、コーナーでアクセルを踏むと自動車の前部がコーナーの内側に寄っていくことが挙げられます。

 

これは、スピンしやすいことを意味しているので運転車側からすると難しいハンドル操作を要求されることになりますが、逆にスポーツ走行をしたい運転車にはとっては大きなメリットとなります。

 

これはコーナーを速く走るには車体前部が内側に向くことは有利になるためです。

 

また、前述したスピンの起きやすさからドリフト走行をしたい方にとっては有利な駆動方式であると言えます。

 

また、駆動するための部品が車体後部にも配置されるため、重量バランスが良くなる傾向にありFF方式と比べると乗り心地は良い物と言えます。

 

そのため高級セダンにはこの方式を採用していることが多いです。

 

ただし、大きなデメリットとして車内スペースを確保しずらいことと、雪道では駆動する後輪への荷重が軽いため空転しやすいことが挙げられます。

 

場合によっては発進出来ないこともあり、ドライバーによっては車体後部に重量物を載せることもあるほどです。

凍結路面では後輪への比重が軽いため空転しやすい

2014/06/29

FRの駆動方式を採用した車は主にセダンタイプの車や同型同車種でステーションワゴンの車が多く、主に大排気量の高級乗用車に多くみられます。

 
この方式の車の利点として後輪は駆動のみでハンドル操作による操舵エネルギーを担わないため、後輪は回転力(駆動力)のみの担い手となるため、パワーという点で非常に優れています。

 

セダンの場合、後部座席の乗り心地が重視となるため、後輪に取り付けられたサスペンションを除けば比較的軽く、もともとの設計において後部に人や荷物が乗らない状態で軽量化設計してあります。

 

FFの場合前輪が操舵と駆動の両方の担い手となっていて、エンジンルーム内の重量に前輪と重量を大きく負担することが必然化しています。

 

ドライ走行の場合圧倒的にFRのパワーが勝るのですが、ウエットな路面や凍結などの状態では後輪への比重が軽いため、空転しやすいという弱さがあります。

 

雨の日の場合はタイヤのトレッド力に左右されるのですが、凍結となると力いっぱいアクセルを踏み込むことによりエンジンを中心お尻を大きく振ってしまい、コントロール不能となることもあります。

 

雪国の人々はこのことをよく知り、トランクや後部座席に荷物を積んで走るという工夫をしている人も多いです。

悪天候下、荒れた路面では走行安定性が低下

2014/06/29

梅雨時には雨の日が増え、秋には台風、冬には雪、また近年では夏に見られるゲリラ豪雨などが発生しますが、そのような悪天候時に運転する場合には普段以上に十分な注意が必要です。

 

というのも、路面が濡れる事により走行安定性が低下するからです。

 

雨の降り始めには一見何の問題も内容に思えますが、砂やほこりが水で浮き上がってくるので意外と滑りやすくなっています。

 

次に、かなり雨が降っている中で高速走行を行うと、ハイドロプレーニング現象が起きる可能性が高くなります。

 

これは路面とタイヤとの間に水の膜が発生し、タイヤが水の上を滑るような形になることです。

 

そうなればハンドル操作ができなくなり、慌ててブレーキや何ドル操作を行うとバランスを崩して横滑りなどを引き起こす可能性があります。

 

さらに、台風や大雨時には道路が冠水して運転不能になる恐れがあります。

 

以上のようなことから悪天候時の運転は極力避けたほうがよいのですが、どうしても運転する場合は事前のチェック、特にタイヤの溝が十分あるかを確認します。

 

溝が少なければ通常以上に滑りやすくなるからです。次に、速度は落とし、通常よりも長めの車間距離を取ることです。

 

また、早めの点灯も事故の防止に繋がります。

FR(フロントエンジン・フロントドライブ)のデメリット

2014/06/29

FRエンジンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 
FRエンジンとはフロントエンジン・フロントドライブという意味のエンジンの搭載方法のことです。

 

このエンジン方式は、前方エンジンルームに搭載されているエンジンからの駆動力をプロペラシャフトという回転軸を介して後輪に駆動力を伝達し、後輪を回転させる方法です。

 
国産車をはじめとする輸入車の大型高級乗用車などでとくにセダンにFR車が多く採用されています。

 

大型セダンの場合、その大型のボディーで人荷を載せても余裕の走りを実現するために、高出力の大排気量のエンジンを搭載することが多いです。

 

FF(フロントドライブ・フリントエンジン)の場合では駆動力と操舵力がともに前輪だけに掛かってしまい、前だけに力が掛かるためパワーが落ちるという点に対して前輪は操舵、後輪は駆動と役割が分散することで、走行性に余裕が出て発進時などの加速性が非常に優れた点があります。

 

パワーにおいて有利なFRとは言えデメリットも存在します。

 

後部に駆動輪がある割に後部が軽量であるため、雪道などでは力が出過ぎて空回りするという点で、悪路全般に弱い側面を持ってます。

 

後部座席中心をドライブシャフトが貫通して床下を通るため、後席中央のすわり心地が著しく悪いのも欠点と言えるでしょう。

最小回転半径が他の方式に比べて小さい

2014/06/29

FR車の特徴として最小回転半径が小さくなる傾向にあります。

 
この回転半径とは自動車が転回や回転するときに必要な内輪から円の中心までの距離を意味します。

 

この距離が小さい自動車は非常に小回りが効く自動車と言え、細い路地や狭い道で右左折やUターンなどをするさいにとても運転が楽になります。

 

この半径距離が長い自動車は、回転や転回のさいに多くの場所を必要することになり、細い道や狭い路地などでの右左折やUターンのさいには切り返しを何度も繰り返さなければならなかったり、物理的に転回が不可能であったりします。

 

このため、住んでいる街の状況に合わせて、回転半径の小さな自動車を選択するようにするとよいでしょう。

 

小さな自動車は比較的小回りが効く自動車とされていますが、必ずしも小さな自動車が大きな自動車よりも回転半径が小さくなるとは限りません。

 

場合によっては大きな自動車のほうが小回りが効いてしまうこともあります。

 

自動車を選ぶときにはこのような点にも注意するようにしましょう。

 

また、この回転半径が小さい自動車は駐車が非常に楽になる傾向があります。

 

特に顕著なのが縦列駐車です。

 

多くのスペースを必要とせずに簡単に縦列駐車ができるため、運転の初心者におすすめです。

スポーティな走りを楽しめる

2014/06/29

自動車は一般にも広く普及し、今や一家に一台どころか、一人に一台という世帯も少なくありません。

 

それゆえ、買い物やレジャーの足として親しまれています。

 

さて、その自動車の中でもFR(フロントエンジン・リヤドライブ)の自動車はスポーツカーに代表されるように、若者の間でスポーティな走りを楽しめるものとして好まれています。

 

また、FRはその他の四駆やFFと違って、コーナリングがスムーズに行ける良さもあります。

 

昔から若者の間で、直線で早いよりもコーナーで早い方がカッコイイという文化観があり、FRは親しまれてきました。

 

今でもその文化観を引き継ぎ、FRにはカッコ良い車が多くあります。

 

マツダのロードスターやRX-8、日産シルビアやZ等がその代表と言えるでしょう。

 

また、環境にも配慮したスポーツカーも出てきています。

 

そのような車は新車だけでなく、中古車でも良質なものがあるため、インターネット等で検索すると、掘り出し物とも言えるようなものが見つかるかもしれません。

 

もし、現在、自動車の買い替えを検討し、あの鋭い走りを体験したいのなら、チェックしてみても良いかもしれません。

 

しかし、もし、どんなに良い車が見つかっても、安全運転にだけは心掛けてもらいたいと思います。命があってのマイカーライフだと思うからです。”

FR(フロントエンジン・フロントドライブ)のメリット

2014/06/29

FR(フロントエンジン・フロントドライブ)と呼ばれる前輪駆動車は現代の乗用車では主流になっています。

 

それには幾つかのメリットがあります。

 

まず、走行時の安定性です。

 

後輪駆動にすると車体後部に荷重が掛かるため高速時には安定走行が悪くなりますが、FRの場合は荷重が車体全部に掛かってくるため安定走行が向上します。

 

それゆえ、雨天や雪道などの悪条件の下でも安定して走ることができ、普通乗用車のみならず、4WD車などにも広く使われています。

 

次に、後輪駆動にすると室内スペースは広く取れる反面、荷物室部分のスペースの確保が難しくなります。

 

軽自動車の場合はエンジンが小型であるのでスペースを確保することも可能ですが、普通乗用車の場合は確保が困難になります。

 

加えて、前述の後部加重での安定走行性が悪いうえに、後部に荷物を載せるとなると、さらに走行性能が悪くなります。

 

また、プロペラシャフトが不要になるので余計なスペースを確保する必要もなくなる上に、部品が減るので車体の軽減化に繋がります。

 

そして、床下にプロペラシャフトが不要になるので低床モデルを作ることも可能になります。

 

このように走行性、スペース、そして車体軽減による低燃費車の実現などが最大の魅力となっています。

スポーティなモデル・比較的大型の乗用セダンに採用される場合が多い

2014/06/29

1980年代から1990年代にかけてスポーツタイプの車が人気で、当時バブル景気で高級な車がバンバン売れる中、国産車も2ドアのスポーツクーペやその他のスポーツタイプの車が販売も好調でした。

 
現在はと言えば、スポーツカーという言葉自体もほとんど使わなくなってしまったくらいです。

 

現在でも、国内で生産される多くの車の中で、一部に2ドアのスポーツタイプの車両がありますが、ほんのわずかで、販売もそれほど伸びてはいません。

 

その理由に、以前ではスポーツタイプ=若者という概念が強かったのですが、不況による若者の車離れや、市場で人気の高い車として、SUVやミニバン、コンパクトカー、軽というように、実用的な車が好まれるように変化してきたのです。

 

 

大型で高級感のあるセダンも従来ではよく売れていたのですが、SUVやミニバンの販売好調なせいですっかりその座をとられてしまったセダンも、最近販売されるものでは、ボンネットが先端に突起して前に向かって下向きな曲線を描く流線型のボディーデザインを採用し、テールデザインにおいてもキレのあるシャープなシルエットで比較的スポーティーにつくられているものが多く、これらも2ドアスポーツクーペなどが売れなくなった原因であると考えられます。

ドライバーが自分のテクニックで車を操れる

2014/05/30

自動車は必ず毎日多くが世界中で走行し、事故もどこかで必ず起こっています。
交通事故の大きな原因として、不注意や過信があります。

 
免許の種類には大きく別けて1種と2種があります。

 

2種は営業運転を主に人貨を載せるという場合にとる資格で言わばプロのドライバーです。

 

プロのドライバーは人命を預かり、自家用車ではなく事業用の車で人や貨物の輸送が主となり、安全で的確な運転技術が要求されるものです。

 

一方、1種免許は一般に多くの人がとる免許で、これはプロではありません。

 

教習所で免許取得の際に教わったことですが、1種、2種共に運転での過信は禁物です。

 

2種の場合は、車を操るドライバーのテクニックの指導教育がされますが、1種免許では運転の基礎と技術のみが教えられます。

 

2種はすでにある一定の運転経験がある人がとる資格ですが、1種は初めて車の運転をする人がとる資格です。

 

 

1種には生命を預かるという認識が低いため、事故は圧倒的に1種免許所有者に起こりえます。

 

暫くして運転経験が付くことによるり、自由自在に車を操れるようになり運転に自信があるという人がいます。

 

この考え方はまったくナンセンスな考えで、運転への自信は1種免許取得者に一番不要な考え方で、このような考えを持つ人は非常に危険人物であると判断して良いでしょう。