FR(フロントエンジン・フロントドライブ)のデメリット

FRエンジンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 
FRエンジンとはフロントエンジン・フロントドライブという意味のエンジンの搭載方法のことです。

 

このエンジン方式は、前方エンジンルームに搭載されているエンジンからの駆動力をプロペラシャフトという回転軸を介して後輪に駆動力を伝達し、後輪を回転させる方法です。

 
国産車をはじめとする輸入車の大型高級乗用車などでとくにセダンにFR車が多く採用されています。

 

大型セダンの場合、その大型のボディーで人荷を載せても余裕の走りを実現するために、高出力の大排気量のエンジンを搭載することが多いです。

 

FF(フロントドライブ・フリントエンジン)の場合では駆動力と操舵力がともに前輪だけに掛かってしまい、前だけに力が掛かるためパワーが落ちるという点に対して前輪は操舵、後輪は駆動と役割が分散することで、走行性に余裕が出て発進時などの加速性が非常に優れた点があります。

 

パワーにおいて有利なFRとは言えデメリットも存在します。

 

後部に駆動輪がある割に後部が軽量であるため、雪道などでは力が出過ぎて空回りするという点で、悪路全般に弱い側面を持ってます。

 

後部座席中心をドライブシャフトが貫通して床下を通るため、後席中央のすわり心地が著しく悪いのも欠点と言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。