FR(フロントエンジン・フロントドライブ)のメリット

FR(フロントエンジン・フロントドライブ)と呼ばれる前輪駆動車は現代の乗用車では主流になっています。

 

それには幾つかのメリットがあります。

 

まず、走行時の安定性です。

 

後輪駆動にすると車体後部に荷重が掛かるため高速時には安定走行が悪くなりますが、FRの場合は荷重が車体全部に掛かってくるため安定走行が向上します。

 

それゆえ、雨天や雪道などの悪条件の下でも安定して走ることができ、普通乗用車のみならず、4WD車などにも広く使われています。

 

次に、後輪駆動にすると室内スペースは広く取れる反面、荷物室部分のスペースの確保が難しくなります。

 

軽自動車の場合はエンジンが小型であるのでスペースを確保することも可能ですが、普通乗用車の場合は確保が困難になります。

 

加えて、前述の後部加重での安定走行性が悪いうえに、後部に荷物を載せるとなると、さらに走行性能が悪くなります。

 

また、プロペラシャフトが不要になるので余計なスペースを確保する必要もなくなる上に、部品が減るので車体の軽減化に繋がります。

 

そして、床下にプロペラシャフトが不要になるので低床モデルを作ることも可能になります。

 

このように走行性、スペース、そして車体軽減による低燃費車の実現などが最大の魅力となっています。

コメントは受け付けていません。