FR(フロントエンジン・フロントドライブ)の特徴

FR(後輪駆動)とは車体の前部にエンジンを置き、駆動する車輪は後輪という駆動方式の物を言います。逆にエンジン、駆動輪全てが車体前部に来ているものをFF(前輪駆動)と言います。

 
後輪駆動の特徴として、コーナーでアクセルを踏むと自動車の前部がコーナーの内側に寄っていくことが挙げられます。

 

これは、スピンしやすいことを意味しているので運転車側からすると難しいハンドル操作を要求されることになりますが、逆にスポーツ走行をしたい運転車にはとっては大きなメリットとなります。

 

これはコーナーを速く走るには車体前部が内側に向くことは有利になるためです。

 

また、前述したスピンの起きやすさからドリフト走行をしたい方にとっては有利な駆動方式であると言えます。

 

また、駆動するための部品が車体後部にも配置されるため、重量バランスが良くなる傾向にありFF方式と比べると乗り心地は良い物と言えます。

 

そのため高級セダンにはこの方式を採用していることが多いです。

 

ただし、大きなデメリットとして車内スペースを確保しずらいことと、雪道では駆動する後輪への荷重が軽いため空転しやすいことが挙げられます。

 

場合によっては発進出来ないこともあり、ドライバーによっては車体後部に重量物を載せることもあるほどです。

コメントは受け付けていません。