最小回転半径が他の方式に比べて小さい

FR車の特徴として最小回転半径が小さくなる傾向にあります。

 
この回転半径とは自動車が転回や回転するときに必要な内輪から円の中心までの距離を意味します。

 

この距離が小さい自動車は非常に小回りが効く自動車と言え、細い路地や狭い道で右左折やUターンなどをするさいにとても運転が楽になります。

 

この半径距離が長い自動車は、回転や転回のさいに多くの場所を必要することになり、細い道や狭い路地などでの右左折やUターンのさいには切り返しを何度も繰り返さなければならなかったり、物理的に転回が不可能であったりします。

 

このため、住んでいる街の状況に合わせて、回転半径の小さな自動車を選択するようにするとよいでしょう。

 

小さな自動車は比較的小回りが効く自動車とされていますが、必ずしも小さな自動車が大きな自動車よりも回転半径が小さくなるとは限りません。

 

場合によっては大きな自動車のほうが小回りが効いてしまうこともあります。

 

自動車を選ぶときにはこのような点にも注意するようにしましょう。

 

また、この回転半径が小さい自動車は駐車が非常に楽になる傾向があります。

 

特に顕著なのが縦列駐車です。

 

多くのスペースを必要とせずに簡単に縦列駐車ができるため、運転の初心者におすすめです。

コメントは受け付けていません。