ドライバーが自分のテクニックで車を操れる

自動車は必ず毎日多くが世界中で走行し、事故もどこかで必ず起こっています。
交通事故の大きな原因として、不注意や過信があります。

 
免許の種類には大きく別けて1種と2種があります。

 

2種は営業運転を主に人貨を載せるという場合にとる資格で言わばプロのドライバーです。

 

プロのドライバーは人命を預かり、自家用車ではなく事業用の車で人や貨物の輸送が主となり、安全で的確な運転技術が要求されるものです。

 

一方、1種免許は一般に多くの人がとる免許で、これはプロではありません。

 

教習所で免許取得の際に教わったことですが、1種、2種共に運転での過信は禁物です。

 

2種の場合は、車を操るドライバーのテクニックの指導教育がされますが、1種免許では運転の基礎と技術のみが教えられます。

 

2種はすでにある一定の運転経験がある人がとる資格ですが、1種は初めて車の運転をする人がとる資格です。

 

 

1種には生命を預かるという認識が低いため、事故は圧倒的に1種免許所有者に起こりえます。

 

暫くして運転経験が付くことによるり、自由自在に車を操れるようになり運転に自信があるという人がいます。

 

この考え方はまったくナンセンスな考えで、運転への自信は1種免許取得者に一番不要な考え方で、このような考えを持つ人は非常に危険人物であると判断して良いでしょう。

コメントは受け付けていません。