凍結路面では後輪への比重が軽いため空転しやすい

FRの駆動方式を採用した車は主にセダンタイプの車や同型同車種でステーションワゴンの車が多く、主に大排気量の高級乗用車に多くみられます。

 
この方式の車の利点として後輪は駆動のみでハンドル操作による操舵エネルギーを担わないため、後輪は回転力(駆動力)のみの担い手となるため、パワーという点で非常に優れています。

 

セダンの場合、後部座席の乗り心地が重視となるため、後輪に取り付けられたサスペンションを除けば比較的軽く、もともとの設計において後部に人や荷物が乗らない状態で軽量化設計してあります。

 

FFの場合前輪が操舵と駆動の両方の担い手となっていて、エンジンルーム内の重量に前輪と重量を大きく負担することが必然化しています。

 

ドライ走行の場合圧倒的にFRのパワーが勝るのですが、ウエットな路面や凍結などの状態では後輪への比重が軽いため、空転しやすいという弱さがあります。

 

雨の日の場合はタイヤのトレッド力に左右されるのですが、凍結となると力いっぱいアクセルを踏み込むことによりエンジンを中心お尻を大きく振ってしまい、コントロール不能となることもあります。

 

雪国の人々はこのことをよく知り、トランクや後部座席に荷物を積んで走るという工夫をしている人も多いです。

コメントは受け付けていません。